建設業界が心の健康対策に本腰 現場向け冊子を作成へ 「検討委員会」立ち上げ 建災防

2016.01.18 【安全スタッフ】

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は、労働安全衛生法改正によるストレスチェック義務化などの動きを受け、このほど「建設業におけるメンタルへルス対策のあり方に関する検討委員会」を立ち上げた。重層下請構造など建設業界の特性に合わせた対策について議論を進め、元請けなどの事業者単位にとどまらず、下請労働者を含めた統括管理の面から必要な取組みを報告書として取りまとめる。来年度以降、建設現場向けにメンタルヘル対策の具体的な手順を示した冊子を作成し、会員企業に配布する予定だ。建設業における精神障害の労災支給決定件数が他の産業に比べて多く、メンタルへルス対策を実施している事業者の割合が低い現状を改善したいとしている…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成28年1月15日第2250号

あわせて読みたい

ページトップ