仮想現実活用し教育 ICTで検討委開く 建災防

2019.06.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 建設業労働災害防止協会(錢高一善 会長)は6月4日、令和元年度第1回目の「ICT(情報通信技術)を活用した労働災害防止対策のあり方に関する検討委員会」を開催した。ICTは人口減少社会となるなかで、労働力不足を補うものとして期待されている。災害防止にも役立つが、情報共有ができていないため、調査を行う目的で検討会は設置された。

 今回は、VR(バーチャル・リアリティ)を安全衛生教育に生かしていくために…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年6月17日第3213号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ