VR教育の計画案示す 講話と話合い含め30分 建災防・ICTで労災防止

2021.05.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 建設業労働災害防止協会は、ICTを活用した労働災害防止対策のあり方に関する検討委員会報告書で、VR体験を核とした体系的かつ継続的な教育プログラムの確立が必要との考えを示した。講話、体験、話し合いの3つで構成し、合計30分を目安とする建設工事現場におけるVR安全衛生教育プログラムの案(下図)を盛り込んでいる。

 報告書によると、VR教育の目的は、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年5月15日第2378号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ