就活セクハラ防止へ 企業に対する指導強化 厚労省

2022.04.08 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、就職活動中の学生に対するセクシュアルハラスメント防止対策を強化する。学生への性的な冗談やからかい、食事への執拗な誘いなどの「就活セクハラ」を起こした企業への指導を徹底するほか、セクハラ被害防止を目的とした大学生向けの出前講座を実施する。

 男女雇用機会均等法に基づく指針では、企業が講じることが「望ましい取組み」の一つに、就職活動中の学生に対するセクハラ対策を挙げている。企業では未だに悪質な就活セクハラが発生しており、社会的な注目も高まっていることから、就活セクハラを起こした企業に対し、指針を踏まえた行政指導を徹底する。事業主に対して、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月11日第3348号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。