建設業担い手確保へ 年2回統一閉所など合意 九州整備局

2022.04.05 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 九州地方整備局(藤巻浩之局長)は、建設業の担い手確保のため、九州・沖縄各県や政令市などと、インフラDX合同研修会や、遠隔臨場の事例集作成に取り組むことについて同意した。令和3年度に初めて設定した九州・沖縄ブロック統一現場閉所日は数を増やし、年2回を予定している。

 ICT施工などのインフラDXに関する研修については、これまで各自治体が個別に開催してきたが、今年度は…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月4日第3347号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。