ICT施工へeラーニング 受講無料で普及促す 九州整備局

2021.08.26 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

全科目終了時に証明書

 国土交通省・九州地方整備局(藤巻浩之局長)は独自の取組みとして、ICT施工の流れや技術的な知識などを学べるeラーニングの運用を開始した。イラストや実写を用いた動画コンテンツを全11章87科目分用意し、無料で学習できるプログラムを組んでいる。建設系技術者に広く活用を促すため、全科目終了後には受講証明書を発行することとした。一級建築士などの資格保有者に求められる継続教育(CPD、CPDS)を実施したものとして申請できる。ICT施工導入へのハードルを引き下げ、普及促進につなげる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ