部署単位で出社設定可能に リモート併用制度化 ミクシィ

2022.03.17 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

コアタイム2時間短縮へ

 ㈱ミクシィ(東京都渋谷区、木村弘毅代表取締役社長)は、4月からリモート勤務とオフィス勤務を融合した「マーブルワークスタイル」を正式に制度化する。2020年7月から続けてきた試験運用の結果を踏まえ、出社頻度などを部署単位で選択できるルールとし、各部門を率いる部長・室長に決定権限を委ねる。業務特性やチームの状況に応じた最適な運用を促すのが狙いで、フルリモートも可能とした。併せてフレックス制のコアタイムを2時間短縮して12~15時とし、交通費は月15万円を限度に都度精算する形へ見直す。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年3月21日第3345号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。