週3日リモートで適否見極める ミクシィ

2020.07.30 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱ミクシィ(東京都渋谷区、木村弘毅代表取締役社長)は、週に3日までリモートワークの活用を認める「マーブルワークスタイル」の試験運用を開始した。オフィスでの就業を基本としつつ併用を可能にすることで、業務ごとにリモート/出社のどちらが最適なのかを見極める期間とする。9月末まで実施し、10月以降に新しい働き方を再整備する。

 同社では3月末からリモートワークを推奨する勤務体制に切り替え、4月8日以降は原則、出社を禁止してきた。結果としてこの1~2カ月の生産性は上がったが、実施が長期に及んだ場合の影響を注視する必要があるとし、新スタイルの運用を決定した。実施に当たってはガイドラインとして、「リモートワークでできない仕事は出社する」など6カ条を設定。併せてフレックス制のコアタイムを10~15時から12~15時に短縮した。感染予防のための暫定措置を、改めて恒久的なルールとしている。

令和2年8月3日第3267号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ