パワハラ 中小も防止措置義務化 従わない場合は公表も 厚労省・4月1日から

2022.02.28 【安全スタッフ ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 4月1日から改正労働施策総合推進法に基づく職場のパワーハラスメント防止措置が中小企業にも義務付けられる。事業主の方針などの明確化と周知・啓発、相談窓口などの必要な体制の整備をはじめ10項目について取り組むことが不可欠となる。事業主が厚生労働省の指導や勧告に従わなかった場合、企業名を公表することなどができるとしている。

 事業主が必ず講じなければならない具体的な措置は、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年3月1日第2397号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。