パワハラ 就業規則で罰則規定ありは46% 大阪府調べ

2022.07.09 【Web限定ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 パワーハラスメント対策として就業規則で罰則規定を設けている企業の割合は46.1%――大阪府の「令和3年度 労働関係調査報告書」のなかで、こんな結果が明らかになっている。

 パワハラ対策義務化について「知っている」と回答した企業は、全体の83.8%、「知らない」は16.2%だった。対策を講じている企業の割合は、66.4%となっている。

 具体的な対策を複数回答で聞くと、「ハラスメントの内容・ハラスメントを行ってはならない旨の方針の明確化とその周知」が69.1%で最も多く、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。