是正の証拠残すべき 元署長が送検対策指南 大田労基協会・講習会

2022.02.16 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・大田労働基準協会(渡邉正禮会長)は、労働基準監督署の最新書類送検動向をテーマに講習会を開いた。講師として登壇した元労働基準監督署長の森井博子特定社会保険労務士が、送検された場合に企業が取るべき対応について解説している(写真)。

 森井社労士は労働基準法などに違反した事項は速やかに是正したうえ、証拠となる文書を作成しておく必要性を訴えた。検察に是正状況を示し、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月14日第3340号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。