労災不支給取り消す 過労死新基準踏まえ 柏労基署

2022.01.11 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 千葉・柏労働基準監督署(工藤仁美署長)が、脳内出血を発症した調理師に対し、平成28年9月に労災保険の療養補償を不支給処分とした事案について、令和3年9月に改正された脳・心臓疾患の労災認定基準を踏まえて処分を取り消し、労災認定していたことが分かった。

 同労基署が確認した発症前2~6カ月間の平均時間外労働は最大約75時間で、いわゆる過労死ラインには達していない。労災認定に当たっては、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年1月17日第3336号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。