【今週の視点】猶予措置後への法整備加速 運転拘束時間を短縮

2021.12.02 【労働新聞 今週の視点】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

医師・残業上限で省令案

 働き方改革関連法が施行されて2年半が経過したが、猶予措置終了(令和6年3月末)後の取扱いに関する法整備が加速している。「自動車運転の業務」に関連しては、「改善基準」で定める拘束時間・休息期間等を見直す。「医業に従事する医師」については5区分に分けた規制を予定しているが、一般的な医業で年間上限を960時間とする等の省令案が示された。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年12月13日第3332号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。