【今週の視点】「意識消失」による事故防止へ

2014.07.14 【労働新聞 今週の視点】
  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

健診時確認を要請 改正道交法の施行踏まえ

 運転者に対し、「活動中の意識消失等の症状確認」を求める通達が出された。道路交通法の強化を踏まえた対応で、実務の世界では、行政側の方針表明が待望されていた。プライベートな健康情報の取得と事業上のニーズ(交通事故防止)の両立は困難だが、事業者として取り得る対応が示されたのは一歩前進といえる。ただし、実務的には微妙な問題も残されている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年7月14日第2976号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。