死傷災害約4%増に コロナ関連除いても 厚労省・13次防目標で

2021.11.11 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、第13次労働災害防止計画の実施状況を報告した。令和2年(2020年)の実績をみると、死亡災害全体は、計画の目標である2017年との比較で15%以上減少に収まる形で推移したが、死傷災害全体は、同5%減少を達成できず8.9%増加し13万人を超えていることが分かった。新型コロナウイルス感染症のり患による労働災害が後押しした面があるが、それを除外しても3.9%増加と目標の達成が危ぶまれる水準になっている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年11月15日第2390号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。