死傷者数829人に 重篤事案が多いと警戒 厚労省・職場の熱中症発生状況

2020.06.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、2019年の「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)を取りまとめた。職場での熱中症による死傷者は、前年と比べて減少したものの829人と依然として多く、死亡者は25人と高水準にあることが分かった。業種別にみると、建設業10人、製造業と警備業がそれぞれ4人などとなっている。「熱中症による重篤な労働災害が後を絶たない状況にある」と警戒を強めている。死傷者については、過去10年で初めて製造業での発生が建設業より多くなった。今年は、新型コロナウイルス感染症の予防対策と並行して実施する必要がある。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2020年7月1日第2357号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ