死亡災害 2年連続過去最少に 建設で初めて300人下回る 労災発生状況を公表 厚労省

2017.06.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 厚生労働省は、平成28年の労働災害発生状況の確定値を公表した。死亡災害が前年比44人減の928人となり、2年連続で過去最少を更新した。死亡災害の割合が最も多い建設業でも、初めて300人台を切り前年比33人減の294人となっている。一方、製造業は前年比17人増の177人と増加に転じた。休業4日以上の死傷災害は、前年比1.4%増の11万7910人で、こちらも建設業が前年比3.4%ダウンの1万5058人と減少傾向を示したが、製造業、陸上貨物運送事業、第三次産業ではほぼ横ばいか増加となっている。死亡災害の減少が続く建設業について、厚労省は要因の一つに、「平成27年の労働安全衛生規則の改正により、足場からの墜落防止措置の強化を図ったこと」を挙げている。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年6月15日第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ