WLB理解度自己評価する 愛知県が事例集

2017.04.17 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知県は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)に配慮する企業経営者や管理職を増やすため、「イクボス取組事例集」を作成した。

 事例集では、「部下が急に抜けたときの対応策を用意している」「チームマネジメントが得意」などといった自己評価表を盛り込み、WLBへの理解と仕事の能力の両面からチェックができるようにした。そのうえで、トップの意思表示の重要性や会議の効率化、業務分担の適正化など改善の方法を紹介している。

 併せて、中小から大企業まで11の好事例も掲載している。

 事例集は、同県WEBページからダウンロードできる。

関連キーワード:
平成29年4月17日第3109号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ