【フォーカス】東京ガス/オンラインを活用した採用 アイスブレイクは入念に 面接担当へ注意5項目 

2021.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

説明会では掛合い増やす

 オンラインを活用した採用活動を推進している東京ガス㈱(東京都港区、内田高史取締役代表執行役社長、単体6882人)では、面接を担当する社員に対し、注意点として「アイスブレイクは入念に」、「音声の大小は評価の対象外」など合計5項目をアナウンスしている。応募者が打ち解ける時間などを確保するため、“対面型”と比べて所要時間も5分ほど延長した。会社説明会は社員同士の会話のやり取りを増やし、社内の雰囲気が伝わるように工夫を凝らす。内定式後には対面型も選択可能な個別相談会を実施し、内定者の不安軽減に努めている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月9日第3316号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ