【フォーカス】メトロール/大卒獲得対策 心理分析官の助言で方針転換

2017.11.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「職種別採用」へ変更 “当事者意識”を重視に

 高精度工業用センサの開発・製造・販売を行う㈱メトロール(東京都立川市、松橋卓司代表取締役社長、127人)は、新規大卒者の採用試験で独自色を出す。心理分析官の助言を基に、学歴・偏差値重視から当事者意識などを確認する試験に変えた。入社後にやりたい仕事が明確である学生を採るために、職種別採用に変更。内定者にはインターンシップを受けさせた後、正式な内定通知を出す。入社1年目で海外出張し、プロジェクトを成立させる社員が現れるなど成果が出ている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年11月27日第3138号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ