震災復旧へ安全推進本部 エリア別連絡協議体制確立へ 建設団体

2011.07.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

多発する事故に自主的立ち上げ

 大手ゼネコン、震災被災地の建設業者、建設業労働災害防止協会などで構成する「東日本大震災復旧・復興工事安全推進本部」が立ち上がり、6月3日に第1回目の会合を開いた。復旧作業が急がれるなかで労災多発が懸念されることから、安全衛生対策を検討するもの。当面の課題として、集中する工事における重機との接触を解決するため、地域ごとに「安全衛生協議体制」の確立を提案。工区間の情報共有、資材搬入ルートの統一を図るため、企業の枠組みを超えて協力する体制が必要としている。また、異業種からの参入が多く予想されるため、新規入場者を対象とした教育も推進する。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成23年7月1日第2141号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。