2年度自動車運送業 労働局通報端緒の監査は38件に 関東運輸局

2021.07.14 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 関東運輸局は令和2年度に実施した自動車運送事業の行政処分の概要をまとめた。労働局からの通報を端緒とした監査は旅客と貨物を合わせて38件となっている。監査の実施件数は634件、行政処分は324件だった。処分内容は許可取消しが1件、事業停止が14件、車両使用停止が239件などとなっている。

 過労防止等に関する違反は乗合旅客運送事業が8件、貸切旅客運送事業が34件、乗用旅客運送事業が27件、貨物運送事業が190件だった。社会保険未加入も乗用で1件、貨物で9件あった。

令和3年7月19日第3313号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ