貨物運送業者を過労運転で処分 関東運輸局

2019.10.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 関東運輸局は平成30年9月27日と11月9日に実施した監査で、労働時間等改善基準告示違反などが認められたとして、一般貨物自動車運送事業を営むSS物流㈱(群馬県みどり市)に7日間の事業停止と107日車の車両停止を命じた。9月の監査は群馬労働局と合同で実施している。

 改善基準告示は拘束時間を原則1日13時間、1カ月293時間、連続運転を4時間以内、休息時間を8時間以上とし、過労運転防止を図っているが、すべての基準を守っていなかった。定期健康診断の不実施、社会保険への未加入などもあり、違反点数は42点に上る。

【令和元年10月1日行政処分】

令和元年10月21日第3229号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ