【賃金事例】メンバーズ/チームの生産性4段階で評価 10年後の年収1.6倍めざし

2021.04.22 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

10年後の年収1.6倍めざし

 ㈱メンバーズ(東京都中央区、剣持忠代表取締役社長)は、若手のリーダー層の年収を現在の500万円から800万円に引き上げるなど、10年後に社員の年収水準を1.6倍に引き上げる計画を推進している。仕事の単価やスキルアップによる1人当たりの売上げ額向上を促すため、評価制度の一部に「生産性向上」の項目を採り入れた。チームとしてどれだけ生産性を高めたかを4段階で評価し、昇降給や賞与に用いている業績貢献度評価に10%反映する。新たに保有知識を後輩や社外のクリエイターに伝える行動も評価の対象とし、会社としてのスキル底上げ、付加価値向上に結び付ける。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年5月3日第3303号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ