初任給2.2万円引上げへ 住宅手当廃止受け 若手に最大1.5万円ベア メンバーズ

2021.02.25 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 デジタルビジネス支援事業を展開する㈱メンバーズ(東京都中央区、剣持忠代表取締役社長)は、4月に入社する学卒者の初任給を2.2万円アップし、一律24.2万円へ引き上げる。独り暮らしの新人に2年間限定で支給してきた住宅手当を廃止するのに伴う措置で、併せて入社3~4年目程度までの若手をターゲットに900~1万5000円のベースアップを行う。昨年10月には、新型コロナウイルスの影響で通勤費などの削減を実現できたとし、月5000円の在宅勤務手当を廃止して一律7000円のベアを実施していた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年3月1日第3295号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ