『ハウスメーカー最前線』の連載記事

2012.04.01 【安全スタッフ】
【ハウスメーカー最前線】高齢者の現場入場をルール化 3年ごとに健康チェック実施/ミサワホーム

 ミサワホーム㈱(本社=東京・新宿区)は、東京ミサワ建設㈱が4月からスタートする高齢労働者(大工職)を対象とした現場入場の新ルールの成果を全国に展開する。東京ミサワ建設で策定した大工職向けの就労モデルは、57~65歳の大工職は3年ごとに「体力測定」「ヒアリング」「3年間の健康診断結果」などを基に、一人ひとりの健康状況や気力を細かく把握し、……[続きを読む]

2012.03.01 【安全スタッフ】
【ハウスメーカー最前線】環境対策から安全活動醸成 排水事故対策にエコシンク 道具の洗い水を適正処理 三菱地所ホーム

 環境問題から安全衛生活動の気運高まる――。三菱地所ホーム㈱(東京・千代田区)は、塗装工事のコテやローラーの洗い水による排水事故を未然に防止するため、エコシンクを導入している。住宅建築工事現場で発生した水溶性塗料の洗い水をクリーンな水にして排水するシステムで、関東地方の現場では100%の実施率に達している。環境への取組みに力を入れた結果、……[続きを読む]

2012.02.01 【安全スタッフ】
【ハウスメーカー最前線】ネット使って入退場管理 「労務安全管理システム」で職人を把握/三井ホーム

 三井ホーム㈱(本社=東京・新宿区)は、「労務安全管理システム」を使って、現場の出入りが激しい職人の入退場を管理している。職人は事前に名前や住所、携帯電話番号を登録。現場に掲示してある電話番号をかけるだけで、同社のシステムに入退場が記録される。万が一、労働災害が発生しても現場を把握していることで落ち着いて対応がとれるほか、入退場記録はその……[続きを読む]

2012.01.01 【安全スタッフ】
【ハウスメーカー最前線】“魅せられる現場造り”めざす 顧客に5Sをアピール/細田工務店

 魅せられる現場造りを――。㈱細田工務店(本社=東京・杉並区)は、顧客に品質はもちろん安全管理もしっかりとしていることをアピールしようと5Sをとくに重視している。創業者の精神を引き継いだもので、基礎工事を行った後、外構を整地して建物の中に土や砂利を入れないよう環境整備に気を配る。こうした活動を順守させるには5Sのなかでも「躾」が重要とし、……[続きを読む]

2011.12.01 【安全スタッフ】
【ハウスメーカー最前線】運営委員会と5部会軸に活動 高年齢労働者テーマに研修会 全国低住協

 弊誌では厳しい経済情勢でもがんばっている企業を応援しようと「鉄鋼業界」「造船業界」を対象に事業所のリレー取材を行ってきた。今回から始まる第3弾は、低層住宅建設に焦点を当てる。ハウスメーカーが集まる全国低層住宅労務安全協議会(以下、全国低住協)は、運営委員会と5つの専門部会を中心に研修や安全パトロールなど積極的に活動を推進。全国低住協によ……[続きを読む]

連載名で検索する

年月アーカイブ

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。