【働き方が変わる雇用保険法等改正法】第19回 今後の課題 「安全網」拡充が急務に 若年層の複数就業者など/阿部 正浩

2020.11.19 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中途採用情報から誤解も

 近年の労働市場政策の中心は、少子高齢化による労働力不足が日本経済の成長の足かせとならぬよう、雇用の量と質の確保の促進にあると考えられる。その具現が、働き方改革、高齢者雇用安定法の改正、中途採用や副業・兼業の促進だ。

 これらの政策は日本の経済や社会全体にとっては必要性の高いものだが、個々の企業や労働者にとっては負担の重いケースもあるだろう。たとえば中途採用の公表については、情報を開示するのも負担だが…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年11月23日第3282号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ