【働き方が変わる雇用保険法等改正法】第9回 70歳までの就業機会の確保⑤ 複数制度の併用も可能 計画に実施時期盛り込む/阿部 正浩

2020.09.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

労使協議経て計画作成へ

 雇用以外の措置は、継続雇用制度と併用することも可能である。また、創業支援措置と社会貢献事業を単独、あるいは併用することも可能だ。ただし、複数の制度を導入する場合であっても、労使で十分に協議を行い、就業確保措置の実施に関する計画(以下、実施計画)を適切に作成することが事業主には求められる。

 実施計画には、(イ)計画の始期および終期、(ロ)計画の期間中に実施する措置およびその実施時期、(ハ)計画の期間中および終期における定年または高年齢者就業確保措置の対象となる年齢の上限、それぞれの項目を明記する必要がある。とくに、…

筆者:中央大学経済学部 教授 阿部 正浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和2年9月14日第3272号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ