【ぶれい考】偏見・差別のない世界へ/石田 昭浩

2020.11.12 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で、コロナ禍における感染リスクの低減に向けた議論が進められている。感染症予防と経済社会活動の両立について、その定義や具体的な水準を未経験のなか導き出す難しさはいうまでもない。

 これと並行し、分科会の「偏見・差別とプライバシーに関するワーキンググループ」では、謂れのない誹謗中傷・いじめの撲滅に向けた議論も行われている。感染者、濃厚接触者、医療・介護従事者等、さらにはその家族に対する偏見・差別、心ない攻撃などが問題となっている。連合に寄せられる労働相談でも、…

筆者:連合 副事務局長 石田 昭浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年11月16日第3281号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ