【ぶれい考】相手を想う感染防止で/石田 昭浩

2020.05.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 2020年4月7日、7区域に「緊急事態宣言」が発出され、同16日には全都道府県が緊急事態措置の対象に指定された。新たな宣言は、感染者数の少ない区域では「唐突感」という印象を持たれたと思うが、同宣言は2つの重要性を示唆している。1つは、感染拡大で医療が機能不全に陥るのを抑えるために、これを機に「対岸の火事」から「隣の火事」へ、すなわち「先をみて、今、自身を守る行動」への意識転換が必要であること、もう1つが、…

筆者:連合 副事務局長 石田 昭浩

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年5月18日第3257号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ