【想いはせれば】第130回 安全衛生の「棚上げ」

2020.05.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶いつごろからでしょうか。乗客が電車や列車の網棚に物を載せなくなったのは。私の現役時代、つまり20年ほど前までは、電車などの網棚には乗客のカバンや荷物、読みかけの新聞や週刊誌がところ狭しと置いてありました。

 時々、似たカバンを間違って「失礼、失礼」と言ったりしていました。また、時たま、酔っ払った乗客が終点付近で目を覚まし「カバンがない」とさわいでいる人もいました。

 終点の駅に着くと、どこからともなく人が現れて、網棚に放置されている週刊誌などを回収していました。そしてその雑誌は約半額で繁華街や駅のそばの路上で売られていましたが、いつからか、関係者以外の者が網棚から回収する行為が禁止になったようです。

▶電車など網棚に物を置かなくなった理由は、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年5月15日第2354号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ