【想いはせれば】第127回 安全衛生の「因果応報」

2020.03.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶その神社の大祭には近郷から大勢の老若男女が集まり、屋台や見世物小屋が立ち並び、サーカスもやってきました。サーカスでは若い少女がアクロバットや曲芸を演じ、見物の子供たちは興奮して見ていました。

 家で子供たちが悪さをしたり親のいうことを聞かないと「お前なんか、サーカスに売ってしまうから…」と脅かされ、サーカスに売られると、酢をたくさん飲まされて体を柔らかくして、アクロバットなどをやらされると脅かされたものでした。

 見世物小屋では、…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2020年4月1日第2351号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ