【令和2年厚労省重点政策 改正法の周知を徹底し円滑施工へ】政府統計の信頼回復に全力/政策統括官 鈴木 英二郎

2019.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

政策統括官 鈴木 英二郎

 政策立案や学術研究、経営判断の礎として、常に正確性が求められる政府統計について、毎月勤労統計調査をはじめとする今般の不適切な事態を引き起こしたことは極めて遺憾であり、国民の皆様に多大な迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。厚生労働省としては、これらについて真摯に反省するとともに、再発防止と厚生労働省が所管する統計調査の信頼回復に全力を挙げて取り組んでいくため、昨年8月27日に統計改革の羅針盤となる「厚生労働省統計改革ビジョン2019」を策定しました。

 統計調査については、…

筆者:政策統括官 鈴木 英二郎

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年1月6日第3239号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ