【平成30年厚労省重点施策 働き方改革実現速やかに法案提出】中小で女性活躍促進めざす/政策統括官 藤澤 勝博

2018.01.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「新・三本の矢」のうち、第2の矢「夢を紡ぐ子育て支援」として「働き方改革・両立支援」を進めるとともに、第3の矢「安心につながる社会保障」として介護を理由に離職せざるを得ない状況を改善できるよう、男女共に仕事と育児や介護との両立がしやすい職場環境を整備することが重要です。このため、介護休業の分割取得等を可能とする改正育児・介護休業法が一昨年の通常国会で成立し、昨年1月1日に施行されました。…

筆者:政策統括官 藤澤 勝博

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年1月1日第3143号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ