【令和2年厚労省重点政策 改正法の周知を徹底し円滑施工へ】石綿曝露対策が規制強化へ/安全衛生部長 村山 誠

2019.12.26 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

安全衛生部長
村山 誠 氏

 「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」に盛り込まれ、昨年4月に施行された産業医・産業保健機能の強化や長時間労働者に対する面接指導の強化について、各事業場で適切に実施されるよう、履行確保を図ってまいります。

 また、職場におけるメンタルヘルス対策を推進するため、ストレスチェックの実施の徹底、集団分析の結果を活用した職場環境改善の取組みの促進、ストレスチェックの実施率が低調な労働者数50人未満の事業場に対する支援を図ってまいります。

 さらに、「事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドライン」の周知や…

筆者:安全衛生部長 村山 誠

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和2年1月6日第3239号15面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ