【労政審・職安分科会】失業等給付の料率を10/1000に 雇用保険部会報告(素案) 有期離職者の給付日数増等 暫定措置を一部延長

2012.01.02 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

雇調金要件は段階的に縮小

 労働政策審議会職業安定分科会の雇用保険部会(部会長・清家篤慶應義塾長)は、失業等給付に係る雇用保険料率を弾力条項の下限に相当する10/1000に引き下げるとなどを内容とする部会報告(素案)をまとめた。平成21年度から実施している暫定措置のうち、有期の離職労働者への給付日数増や常用就職支度手当の対象枠拡大は2年間延長するとした。また雇用保険二事業の雇用調整助成金の要件緩和は原則として段階的に戻すよう指摘し、高年齢雇用継続給付は再検証を求めている。

制度の現状

 平成20年度後半以降の雇用失業情勢の急激な悪化は、とりわけ非正規労働者の雇用の安定に大きな影響を与えてきた。そのため、雇用保険制度について平成21年から毎年見直しを行い、個別延長給付の創設、非正規労働者に対する適用範囲の拡大、賃金日額の引上げ等を講じた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年1月2日第2855号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ