【安全衛生対策の新展開】第4回 東日本大震災への対応(4) 防じんマスクを配布 専門家による実演も 石綿対策/高﨑 真一

2012.02.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

メーカーから25万枚

 3 石綿ばく露防止対策

 (1)予防的対策

 がれきの処理作業が開始されることに伴い、がれきの中には建材に含まれていた石綿が混入しているおそれがあることから、予防的対策として、がれき処理作業について防じんマスクの使用を徹底するよう安全衛生パトロール等で事業者等を指導するとともに、防じんマスクの適切な着用方法等について、専門家による実演講習会を開催した。

 また、被災地では防じんマスクの入手が困難な場合があるため、防じんマスクメーカーから提供された使い捨て防じんマスク25万枚を労働局、労働基準監督署において無償で配布した。…

筆者:厚生労働省 安全衛生部 計画課長 高﨑 真一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年2月6日第2859号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ