【緊急連載 改正労働者派遣法の実務対応】第8回 グループ企業内派遣(1) 年度内で8割以下に 派遣就業の総労働時間/安倍 嘉一

2012.08.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人事交流を行う例も

 1 いわゆる「専ら派遣」と「グループ企業内派遣」

 今回の改正法では、新たに23条の2が追加され、「派遣元事業主は、当該派遣元事業主の経営を実質的に支配することが可能となる関係にある者その他の当該派遣元事業主と特殊の関係のある者として厚生労働省令で定める者(以下この条において『関係派遣先』という)に労働者派遣をするときは、関係派遣先への派遣割合…が100分の80以下となるようにしなければならない」と規定された。これがグループ企業内派遣に対する規制である。

 このグループ企業内派遣に対する規制に関する議論は、いわゆる「専ら派遣」との関連で問題とされていたものである。

 専ら派遣とは、…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 安倍 嘉一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年8月27日第2886号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ