【登壇労組リーダー】国際年機に協同組合発展願う/村田 仁

2012.06.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 今年は国連が定める「国際協同組合年」であるが、北海道の労働団体や労働福祉事業団体で構成する労福協では過日(5月22日)、国際協同組合年記念フォーラムを開催した。

 同フォーラムには、職場や地域で活動している労組役員を中心に、「歴史を忘れた民族は滅ぶ…」と説いた中央労福協参与・高橋均氏の労働者自主福祉運動の新たな展開にむけた記念講演、その後のパネルディスカッションに終始熱心に耳を傾けたところである。…

筆者:北海道労働金庫 常務理事 村田 仁

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成24年6月25日第2878号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ