【想いはせれば】第100回 声は健康のバロメーター

2019.02.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶50歳以上の産業人だったら、ほとんどの人は高島陽さんの声を聞いたことがあると思われます。彼はNHK放送劇団の第2期生で、当時のラジオの放送劇の声優を経て、産業教育の映画やスライドなどのナレーションを務め、特に安全衛生スライドの大半は彼の力強いバリトンの声で語られていました。

 40年ほど前、私は彼に、建設や工場の労働者に安全衛生意識の高揚を図るための「1分 安全衛生講話」の録音テープのナレーターを1カ月に1巻のペースで依頼していました。10巻目の録音が終わったとき、彼は私に、このナレーターを降ろしてほしいと切り出しました。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成31年2月15日第2324号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ