【人事学望見】第1181回 教育訓練受講命ずる権利 経営判断に基づく裁量権がある

2019.02.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

勝手な退席はレッドカード!

 新入社員導入教育の季節が到来してきた。学生から社会人へ導く必須の教育だが、まだ「たまご」の段階だから会社の指示に素直に従って、この段階でのトラブルは皆無に近い。これが、業務上の集合教育となると、一家言を持つ面々から横やりを突き付けられる。

反対者への懲戒処分有効

 乗客の安全確保は公共交通機関にあっては、至上命題といって良い。JR東海(大阪第三車両所)事件(大阪地判平10・3・25)は、文句のつけようのない状況下でトラブルとなった。

 事件のあらまし

 JR東海では、「のぞみ」号の運行区間の延長や増便等によって、営業運転に使用される300系車両が増加するに当たって、従前の車両(0系、100系)と装備や構造が異なる300系車両の検修を行う必要から、訓練の実施を計画した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年2月11日第3196号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ