【ぶれい考】「おもしろおかしく」とは/野崎 治子

2018.12.20 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪の府立高校で「大人は楽しそうに働いて!」という生徒の発表を聴いた。先生や家族が疲れていると働くことを躊躇うという。

 創業者の堀場雅夫は、生前「お疲れ様と言わないでくれ」と社員を叱っていた。仕事がおもしろいと疲れない。自分の限界を決めている自身のリミッターを外して挑戦すれば、仕事も人生も充実し社会に貢献できる。その人生哲学から社是「おもしろおかしく」が生まれた。…

筆者:堀場製作所 理事 野崎 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年12月24日第3190号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ