【特別寄稿】服薬による労働災害への影響 働きながら上手に治療を

2018.12.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

薬を飲んだのか確認することが必要

 治療を受けている人が生き生きと働くことのできる社会づくりが求められている。病気の治療では、服薬の問題を避けてとおることが難しい。薬を飲むことで副作用が体に影響するケースや逆に「飲み忘れ」などのリスクが伴う。特別寄稿では町田安全衛生リサーチの村木宏吉代表に服薬による就労への影響や労働災害の関連について解説してもらった。労働者が被災するだけでなく、一般公衆に対して加害者になることもあり得ることから、情報提供などにより適正な対策を立てる必要があるという。…

執筆:町田安全衛生リサーチ 代表 村木 宏吉

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年12月15日第2320号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ