【トップ&キーマンいんたびゅう】業界の取りまとめを新たな役割に

2018.07.09 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 この5月から建設労務安全研究会の理事長に就任した本多敦郎さん(鹿島建設安全環境部長)。「労研からのアウトプット、研究成果の提示は会員のみならず、建設現場全体の労務安全管理水準を引き上げる」との認識と、対行政面での業界の取りまとめを新たな役割として視野に置きながら、時勢を見据えた研究活動の推進、内容のブラッシュアップを図りたいという。

建設労務安全研究会 理事長
本多 敦郎さん

――今年度の総会で建設労務安全研究会(略称・労研)の理事長に選出され2カ月が経過しましたが、改めて就任に当たっての所信をお聞かせ願いたいと思います。

本多 私と労研との関わりというと、若い時こそワーキングに参加したことがあったものの、この研究団体の果たす役割の重要性にまでは考えが及びませんでした。しかし、3年前に理事になってから思ったのは、大手・中堅ゼネコンと専門工事業者団体などを会員とする労研からのアウトプット、研究成果としてのテキスト、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成30年7月15日第2310号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ