【国土を脅かす地震と噴火】23 善光寺地震㊤/伊藤 和明

2018.06.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

火災からの生存者は1割

暗闇はお戒壇巡りだけで勘弁
イラスト 吉川 泰生

 今から170年あまり前、現在の長野市を中心に大災害をもたらした内陸直下地震があった。「善光寺地震」と呼ばれている。

 1847年5月8日(弘化4年3月24日)の夜、善光寺領一帯を突然の激震が襲った。折しもこの年は、善光寺如来のご開帳の年に当たっていた。諸国から多数の参詣者が集まり、善光寺の門前はたいへんな賑わいようであった。新暦の5月上旬といえば、新緑の爽やかな季節を迎えていたはずである。参詣の客は引きもきらず、一晩に1000人以上の客を泊めた旅籠もあったという。

 大地震は、午後10時ごろ、凄まじい山鳴りとともに襲来した。夜とはいっても、善光寺の境内には参詣の人々が溢れていた。読経の声が流れるなか、数千の灯明が堂内を照らし、境内には数百の夜灯が輝いて、あたかも白昼のようであったという。その賑わいを、激震が直撃したのである。

 寺の境内を煌々と照らしていた灯火はすべて消え、たちまち暗黒となった。石像が倒れ、灯籠が転倒した。群衆は大混乱に陥り、右へ左へと逃げ惑うばかりであった。町では多くの家屋が倒壊し、各所で火の手が上がった。善光寺の門前に密集していた旅籠も、たちまち猛火に包まれた。

 善光寺は、本堂や山門、経蔵、鐘楼などを残して、後はほとんどが焼失した。この夜、旅籠には7000~8000人が宿泊していたのだが、火災から生き残った者は、1割ほどに過ぎなかったという。

平成30年6月25日第3166号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ