【ぶれい考】変わらぬ健康願う気持ち/野崎 治子

2018.06.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 アメリカの臨床心理学者ハーズバーグによると、作業環境や労働時間、給与などは仕事への不満足要因になるが、これらを解消しても満足度は上がらない。満足度を高めるのは達成や承認・成長で、やる気アップにはどちらの視点も必要だ。

 一方で組織の生産性は、メンバーのやる気や専門性、カリスマリーダーの存在以上に心理的安全性との相関が高いという。…

筆者:堀場製作所 理事 野崎 治子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年6月25日第3166号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ