【ぶれい考】 協業のコツは?/横田 響子

2016.11.28 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 協業は、簡単ではない。「多様性の推進において、多くの人がかかわることでスピード感がなくなるのではないか」という声がある。しかしイノベーションを起こすには、自社完結ではなく協業が助けとなることが多々ある。

 女性社長.netでは、全国各地で活躍する女性起業家を表彰する「J300アワード」を毎年実施している。現在、保育士経験を活かし企業研修をする事業、板金技術を活かしたかんざし製造事業、お寺の宿坊運営の促進を行う企業などをノミネート。既存ビジネスに新たなアイデアや手法を取り入れた数々の女性起業家にワクワクしている。…

筆者:コラボラボ 代表取締役 横田 響子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年11月28日第3090号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ