【人事学望見】第1149回 転職市場における解雇トラブル 外資系でも日本的な対応めだつ

2018.05.31 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

みかけ倒しはよくあります…

 2008年秋のリーマン・ショック当時、東京都心のビルから私物を入れた段ボール箱を抱えて出てくる社員には驚いてしまった。世界一解雇の難しいわが国では、突然の解雇通知が通じるわけはないからだ。またそれに応じる社員の姿に違和感を覚えたものである。

ハシにも棒にもかからぬ

 わが国に進出する企業にとっては、長期雇用システム下で戦力を育てていく国内企業とは異なり、即戦力の中途採用者に頼ることになる。人材は玉石混交、外資系企業のトラブルを追う。

 日本ストレージ・テクノロジー事件(東京地判平18・3・14)は、転職市場で人材を得る困難さがにじみ出ている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年6月4日第3163号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ