【13春闘連合方針】傷んだ雇用と労働条件復元へ

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 傷んだ雇用と労働条件の復元にその意義を置く13春闘では、格差是正の実効性を高めるため、「個別賃金」をより重視するとの文言が連合の春闘方針に記された。上げ幅ではなく、賃金の絶対額をいくら上げるかにこだわることで、従来以上に相対的低位者の底上げに力を入れる考えだ。賃金制度の確立や賃金カーブ維持を全組合が取り組む項目に位置付け、大手に対してはグループ・関連企業の闘争支援を促している。方針でも説くように、生産性三原則に基づく労使の真摯な対話が求められている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年1月7日第2903号4,5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ