“3つの参加”を推し進めていく/連合 会長 古賀 伸明

2013.01.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

連合会長
古賀 伸明 氏

 新春を迎え、2013年が皆様にとって明るく実りの多い年となるようお祈り申し上げます。そして、東日本大震災の被災地で復興再生に取り組んでおられる方々、被災地を離れて避難生活を強いられている方々が、一日も早く穏やかな生活を取り戻せるよう心より祈念いたします。

 今年は、「3つの参加」を進めたいと思います。

 まずは、社会への参加です。連合は、わが国がめざすべき社会像として、誰もが働くことを通じて社会に参加できる「働くことを軸とする安心社会」を提起しました。…

筆者:連合 会長 古賀 伸明

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年1月7日第2903号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ